百年の栄光 

大船の入港

貨物満載の貨物船や立ち上がっている軍艦や豪華客船が見えるのは基隆港の日常である。

天然なフィヨルド地形により、さらに、清朝統治時代と日本統治時代と台湾国民政府の時の築港計画によって、基隆港は1916年に淡水港を超え、日本と中国と南洋に対応する中央港となった。基隆港も各地の客にとって重要なポータルサイトとなった。だが、第二次世界大戦末期に港湾区域は深刻な爆撃被害を受け、廃墟となった。戦後、港湾埠頭の施設も再建を行い、施設の増設も開始された。1984年に基隆港は世界第7位のコンテナ港となった。それに伴い、海運ネットワークも世界中に拡張された。

1990年から、港湾埠頭の腹地が狭く、中国沿岸の港が興り、八里における台北港が建造されたため、基隆港の経営状況は昔より悪くなった。近年、旅客船事業の経済に新たな功能を導入した。和平島は基隆港を出入りする重要なエリアであり、基隆港の繁栄を見守り続けていく。