時代の残り 謎の海蝕洞窟

気付きましたか。壮観な海蝕崖の中には、小さな海蝕洞窟があります。この海蝕洞には面白い名前があり、それは「蕃字洞」です。

西暦1668年にオランダ人は鄭成功(てい せいこう)に台湾の北区から駆逐され、和平島における小さな海蝕洞窟に逃げ込んだ。オランダ人は洞窟の壁に文字を彫刻したので、蕃字洞という名前を付けた。数百年の間、文字が潮に浸食されてきたため、現在は当時の景色を代表する僅かな痕跡が残るのみである。時代の名残はあまりないが、大自然の力は蕃字洞の未来を描き続けて行く。