海はケーキを「食べた」?-海食地景

和平島公園における石は幾重にもかさなっている堆積岩である。堆積岩をよく観察すると、層によって岩の色が変わっていることが分かる。例えば、黄色、グリーングレイ、ダークグレーなどの色がついている。まるでミルフィーユのような色である。

園内の海岸は、波と潮に侵食されて一口かじられたケーキのような海蝕凹壁(ノッチ)に形成された。海蝕凹壁は時間が経てば経つほど深くなった。凹壁の上の石は重力で落ち、海蝕崖が地上に下げられ、新しい海蝕凹壁に形成された。同時に、海蝕崖前の海蝕台も広がりつつあり、幅広い海蝕台に形成された。