ワン・シャン・ゴング

ケタガラン族は17世紀に和平島に住みついた。和平島は基隆港の前哨地とされ、国際的なポータルサイトとして北台湾を守っていた。長年にわたって多くの列強國と商人達が競争していた所であった。

島におけるワン・シャン・ゴングはスペイン人や琉球の人や先祖の遺跡を祀る所である。島の住民達は先祖達が日や雨にさらされないように建てた。台湾人の優しさと民俗文化にある神様を尊敬する信念を深く体現している。