島の前世と今世

昔、「大窟」として知られていた島の小さな海湾は中山仔島と社寮島を分ける海線である。現在では、2つの島は土地の接続を行うために埋め立てられている。海に囲まれている小さな島も美しい島々の中のひと島として形成された。

初期の頃時、東屋、波止場、埠頭などの施設が置かれていたが、自然景観復興のため、2008年に解体された。現在、島の沿岸植物が繁々と育っており、堆積岩やタマネギ石もよく目にすることができる。壮大な海の景色やゆっくりと泳いでいる魚の群れがお互いに照り映え、まるで大自然からの贈り物のようだと思いませんか。